島原「そうめんの山道」では、国産小麦100%の手延べ素麺・うどんの製造、無添加だしパックの販売・通販・卸を行なっております。

お気軽にお問い合わせください

0957-85-2866

受付時間

9:00~17:00(日祝祭日は除く)

島原そうめんレシピ

島原そうめん、うどんの美味しいレシピ

「手延べそうめん」と言えば夏!定番の冷やしそうめんはササッと作れてツルツルッとのど越し良く、暑さで疲れた身体に食欲増進と涼を運んできてくれます。たまに薬味を変え、麺つゆを変え、味変にチャレンジするものの、毎回同じような感じでは飽きてきますよね。でも冷やしそうめんだけでは無いんです。

本ページでは「和、洋、中華」、「冷、温、炒」と様々なアレンジにもマッチする島原手延べそうめんレシピをご紹介します。手延べそうめんのレシピは無限大!

島原手延べそうめんの美味しいレシピ

まずは基本中の基本!手延べそうめん、手延べうどんの「上手な茹で方」からおさらい。

手延べそうめんの上手な茹で方

  1. たっぷりのお湯
    大きめの鍋をご用意いただき、3束位でしたら2リットル以上の湯量を目安に十分沸騰しましたら麺をバラバラとさばき入れ、くっつかないよう箸で静かに泳がせるようにほぐします。(1束当たり700ml強)
  2. 強火力
    吹きこぼれに注意し、お湯の中で麺がクルクルと躍るくらいの火力で一気に茹でます。
    茹で時間は1分半~2分が標準です。茹で加減はお好みにもよりますが、目安は芯が透明になるのを覚えましょう。差し水は不要です
  3. 手早さが大事です!
    茹で上がりましたら素早くザルにあげ流水で麺を冷まし、粗熱が取れましたら手早く冷水に放ち軽く両手でもみ洗いしてください。水気を切ったら出来上がりです。氷水等で〆ますと更に麺のコシが増します。
    調理後は早めにお召し上がりください。

手延べうどんの上手な茹で方

  1. たっぷりのお湯 
    山道うどん1袋(160g・二人前)あたり2リットル
    大きめの鍋で十分沸騰したたっぷりのお湯に麺をバラバラとさばき入れます。麺がしんなりとお湯に沈むまで箸で混ぜないでください。
  2. 強火力
    吹きこぼれに注意し、お湯の中で麺がクルクルと躍るくらいの火力で約8分茹でます。
  3. 極めの蒸らし
    約8分茹でましたら火を止め、そのまま鍋に蓋をし2~4分蒸らします。余熱でゆっくり火を通すことでモッチリとしたやさしいコシになります。
  4. 水洗い
    お好みの茹で加減になりましたらザルにあげ流水で麺を冷まし、粗熱が取れましたら軽く両手でもみ洗いしてください。水気を切ったら出来上がりです。
    参考までに、そうめんと違って冷水や氷水で締めすぎますと食感が硬くなり、モッチリ感が薄れます。
  5. ひと工夫
    茹で加減の目安について、煮込みうどんやお鍋など再加熱するメニューには蒸らし時間を短めに。ザルうどんやサラダうどんなど冷たいメニューには蒸らし時間を長めに。メニューに合わせ蒸らし時間で調整すると良いでしょう。
    ※温うどんは麺を一度湯通しをしてから丼に盛り、熱々のおつゆをおかけください。または麺の水洗いを省いていただいてもいいですよ。茹で鍋から麺をすくい上げ丼に盛り、熱々のおつゆをかけてください。
  6. オススメ
    山道うどん一番のおすすめは「釜揚げうどん」。茹で上げたうどんを水洗いせずお鍋からアツアツの麺をすくって、お好みのつけダレや出汁醤油を入れた溶き卵などでお召し上がりください。

お手軽簡単アレンジレシピ集

納豆おろしぶっかけそうめん

冷やしたぬきうどん

お問い合わせはこちら

島原 そうめんの山道 お問合せはこちら

0957-85-2866

受付時間:9:00~17:00
(日祝祭日は除く)

製麺作業に従事していますので、できましたらお電話は午後にお願いします。

お問い合わせフォーム

山道そうめん(金帯、紫帯、黒帯品)は、品質並びに生産工場の衛生状態も含め、島原手延べそうめん認証委員会の厳格な審査基準をクリアした商品です。

詳細はこちら

100倍美味しくなる!?そうめん・うどんをもっと美味しく食べるための豆知識